お客様から第一想起される存在で
あり続けたいと念頭に置きながら
仕事に取り組み続けています。

営業職

2015年 新卒入社

A・M

広報促進事業部 営業

この会社を選んだ理由

海外留学から帰国した私は漠然と「働かねば!」という思いはありつつも、希望する業界や職種はありませんでした。食べることが好きだったので、食料品の商社へ行こう!と方向を定めて最終面接まで進んだのですが、不採用。落ち込んでいる暇はないと思っていた時に、エージェントから当社を紹介されました。印刷業界や広告代理店は完全にノーマークでした。せっかく紹介してくださったので話を聞いてみようと足を運ぶと、出迎えてくれたのは、当時の営業本部長。まだ学生の私に、こちらが恐縮してしまうほど深々とお辞儀をしてくれたのです。こんなに人に優しく丁寧な会社だからきっといい会社に違いない!この一瞬で私はファンになり入社を決めました。

私の仕事

自身の仕事を端的に表現するなら「ひとり商社」といったところでしょうか(笑)。もちろんメインは販促品のご提案ですがそれだけに留まらず、最近ではオフィスの内装に関する相談も頂きました。入社当時から私は自社の事業内容に縛られず、お客様から常に第一想起される存在であり続けたいということを念頭に置きながら仕事に取り組み続けてきた為、どのような相談事も声をかけて頂けると嬉しいですね。そんな私は今期より課長付という役職を頂き、若手の育成も任されています。学生時代に部活の副キャプテンの経験はありますが、若手を育てたり、人をまとめる経験は一切ありません。プレッシャーがないと言えば嘘になりますが、せっかくやるなら楽しみたいですし自分も一緒に成長したい。日々、悪戦苦闘しながらも新人育成に力を注いでいます。

嬉しかったエピソード

一年目の新人と三年目の若手の育成を通じて学んだことは、他人は自分の思い通りにならないということ。当然といえば当然のことですが、教わる立場から教える立場になり、実感しています。私の新人時代は根拠のない自信に溢れていて、自分の思い通りにならないことがあるとすぐに顔に出てしまう性格でした。それから経験を積み、今は教える立場となり、生まれも育った環境も違う他人を自分の思い通りにする方が無理、相手を変えようとするのではなく自分が相手に合わせてコミュニケーションを変えた方が早く結果が出ることに気がついたのです。若手から相談を受けた際は笑顔で対応したり、ちょっと耳の痛い話でも冗談を交えながら伝えるなどコミュニケーションの取り方を工夫することで、場の雰囲気も良くなり、所属する課の数字も伸び始めました。

他の先輩社員インタビュー

ENTRY

エントリー

あなたの働きたいがここにある!

ページトップに戻る